有機野菜とは何?

有機野菜、カラダによいとか、味が濃くておいしいと
よく耳にします。
有機野菜と、ふつうの野菜、どこが違うのでしょうか?

ふつうの野菜は、
人間が化学的に合成した化学肥料を与えられ、
農薬を使って虫や病気から守られて育ちます。
化学肥料は、化学的に合成したものなので
できれば摂りたくないですよね。
でも、野菜に使うものですから、
化学肥料の野菜への残留が心配なところです。
また、農薬の残留も心配。
中には、早く大きくするために、
化学肥料をドバドバ与えて野菜や果物をムリに成長させている
こともあるみたいです。
そんな野菜や果物は虫や病気にも弱いもの。
農薬もたくさんかけなければいけなくなります。
ふつうの野菜でも、ここまで危険な
野菜ばかりというわけではありませんが、
スーパーで売られている野菜は、どれが危険で農薬いっぱいの
野菜なのか、見分けがつきません・・・
普段食べている野菜が、どれが安全かわからないなんて
ちょっとコワイですよね。

また、化学肥料は、土を痩せさせ、
野菜の栄養分や風味を減らします。
昔の野菜は栄養たっぷりで味もよく、
今の野菜や栄養がなく、味つけしないと食べられたものでない
などとよく言われますが、
化学肥料のせいだったのですね・・・

さて、
有機野菜とは、
植えつけ前2年以上、
多年作物は最初の収穫前の3年以上は
化学肥料や農薬を避ける事を基本に、
堆肥などで土を肥やして生産された農作物で
国が認めた認定登録機関により
有機JAS認定を取得した物です。

要するに、
化学肥料を使っていないキレイな土で育った、
農薬を使っていない野菜ということです。
有機野菜には、
化学肥料や農薬の残留の心配がありませんから、
安心して食べられます。
有機野菜が体によいのももちろんですが、
何といっても、おいしいです。
有機野菜は、肥えた土で育っているので、
野菜の個性のある、濃い味がするので、
味つけが薄くても、おいしく食べられます。
有機野菜の宅配を健康のために始めた、という人でも、
そのおいしさに感動してしまった人がいます。

野菜料理が多い方は、有機野菜、オススメです。
スーパーで販売されている有機野菜は高価だったりしますが、
有機野菜の宅配なら、高価でない商品もたくさんありますよ。
野菜料理が本当においしくなりますかわいい