ブロッコリー 〜broccoli〜

ブロッコリーは、サッとゆでて
マヨネーズやヨーグルトであえて食べるとおいしいexclamation×2



●ブロッコリーの旬
11月〜3月
●ブロッコリーの注目栄養素
イソチオシアネート、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、
ビタミンU、鉄、葉酸
●ブロッコリーの効用
免疫増強、美肌効果、貧血防止、ガン予防
●ブロッコリーのよいところ
・ブロッコリーはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを含みます。
 ビタミンA,C、Eは、ビタミンACE(エース)と呼ばれ、同時にとる
 ことで、互いの働きを高めあってくれます。
 ビタミンに抗酸化作用もあるので、ガン予防の効果があります。
・ブロッコリーに含まれる、イソチオシアネートにはガン予防の効果があります。
 ビタミンACEの効果と合わせて、ガン予防の効果が高い野菜といえます。
・ビタミンAはお肌や粘膜を丈夫にする働きがあるので、
 美肌・免疫増強に効果的。
・ビタミンUには、胃腸の粘膜の代謝を良くする働きがあります。
 胃にやさしい野菜です。
・ブロッコリーに含まれる
 葉酸には造血作用があるので、貧血防止に効果があります。
●ブロッコリーの悪いところ
・とくにありません。
●新鮮なブロッコリーを選ぼう
・みずみずしく、色の濃いブロッコリーを選びましょう。
・花が詰まっていて、見かけよりも重いブロッコリーを選びましょう。
●ブロッコリーを食べよう
・茎の部分は、あまりおいしくないようで、捨てられがちですが、
 つぼみの部分の約2倍のビタミンCが含まれています。
 捨てずにゆでたりして食べましょう。
・電子レンジで加熱して、ゆでずに食べるとビタミンCの流出が防げます。



posted by A |