にら  〜韮〜

にらは香りがいいです。
ぎょうざにもいいし、寒くなったらにらスープをどうぞいい気分(温泉)



●にらの旬
11月〜2月
●にらの注目栄養素
硫化アリル、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE
●にらの効用
美肌効果、疲労回復、冷え性改善、ガン予防
●にらのよいところ
・香りの成分、硫化アリルがビタミンB1(疲労回復)の吸収を助けるので、
 疲労回復効果があります。
 豚肉など、ビタミンB1を多く含む食品と一緒に摂るとさらに効果的です。
・ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを含みますが、この3つのビタミンは
 共にとることによって、互いの作用を強化する性質があります。
 ビタミンAはお肌を丈夫に、ビタミンCはシミ・ソバカスの防止、
 ビタミンEは老化防止・血行促進効果があるため、
 美肌に最適です☆
●にらの悪いところ
・硫化アリル由来の強い香気成分があるので、食べた後、匂いが気になります。
 よく歯磨きをするか、人と会う前は食べないようにしましょう。

●新鮮なにらを選ぼう
・緑色で、ピンとみずみずしいにらを選びましょう。
・つやつやしているもの。
●にらを食べよう
・夏には固め、冬にはやわらかめになります。
・ビタミンB1の吸収を促進するので、ビタミンB1の多い食品と共に
 とるとよいです。
 ビタミンB1が多い食品は、豚肉や豚レバー、大豆製品(納豆など)です。
・にらに多く含まれるB−カロテン(ビタミンA)は、
 油と共に摂ると吸収が高まります。
 にらは、炒め物などにもよいです。
・バリエーションは、黄にらがあります。日光を当てずに栽培したら、
 黄色く育ちました。あまり匂いません。


posted by A |