トマト 〜TOMATO〜

トマトは生でもスープでも本当においしいです。
夏、トマトが甘くなってきますよ。

●トマトの旬  
6月〜9月
●トマトの注目栄養素
リコピン、ビタミンP、ビタミンH、ビタミンA、ビタミンC、カリウム
●トマトの効用
美肌、高血圧改善、解毒作用、ガン予防
●トマトのよいところ
・とても多くの栄養素を含んでいます。
 「トマトが赤くなると医者が青くなる」とも言われます。
・真っ赤な色素の成分リコピンは、抗酸化作用があり、細胞がガンになるのを
 防ぐので、ガン予防に効果的です。
・ビタミンPは毛細血管を強化するので皮膚に栄養が行き届きやすくなります。
・ビタミンHは肌荒れを防ぎます。
・トマトはカリウムを含むので、余分な水分、ナトリウムを排泄してくれます。
 血圧が下がります。
●トマトの悪いところ
・トマトだけでなく多くの夏野菜に共通したことですが、カリウムをたくさん
 含みます。
 暑いときに体を冷やす野菜なので、冷え性の人が常食すると
 冷え性が悪化してしまいます。
 気をつけましょう。
●新鮮なトマトを選ぼう
・真っ赤に完熟したトマトが最も栄養価が高いです。
・ヘタがピンとはってみずみずしいものを選びましょう。
・部分的に変色があるものは避けましょう。
・丸い形のトマトを選びましょう。
・買うときは見ることができませんが、
 内部にゼリー状の部分が多いと、糖度が高くおいしいです。
・ミニトマトは、トマトより栄養価が高いです。
●トマトを食べよう
そのまま切ってサラダにしてもおいしいです。
お腹がすいた時に、トマトを1個まるかじりで食べると血圧が下がります。
摂りすぎると冷え性を悪化させるカリウムは加熱処理に弱いので、
冷え性だけどトマトが食べたい方は
トマトスープなどにして温めて食べるとよいです。
逆に、高血圧改善のためにトマトを食べる方は、
加熱処理でカリウムが破壊されるのを防ぐため、
トマトを生で食べることをオススメします。


posted by A |